日々のこと

革カバン・革小物をチクチク手縫いでつくってます
あちこち出展しています
お問い合わせはコチラまで→ jora.09@fgo.jp
富良野岳〜上富良野岳 縦走

 

 

 

 

なんちゃって登山部、北海道でも登山してきました。

 

 

 

 

家で山の地図をチェックしながら山行計画をたて、道具の準備をする。

 

前日、スーパーでお昼ご飯やお菓子を買う。

 

山に登る前の、そんな準備の時間も楽しい!

 

 

 

 

 

・・・でも、実は正直ちょっと面倒くさいなぁと憂鬱になったりもする。

 

自分で計画をたてておきながら、

雨降って、流れないかな・・・なんて思ったりする。

 

 

 

 

 

 

 でも、決まって登山を終えると、「あ〜山ってサイコー、登って良かった!」って思う。

 

 今回の富良野岳縦走は、今までの山行で一番そのギャップが大きかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海を眼下に、途中雪渓を渡り、3時間弱で、富良野岳分岐に到着。

 

ここから富良野岳へは、行って帰ってのピストンで、往復1時間半くらい。

 

 

 

 

富良野岳は、花の百名山にも選ばれている山で、この分岐から頂上までが、高山植物の宝庫。

 

花畑の絶景が続く。

 

 

 

ハクサンイチゲ、エゾコザクラ、チングルマ、エゾルリソウ、まだまだ

たくさんの高山植物が咲き乱れている。

 

 

 

ルンルン気分で、足取りも軽くなる。

 

 

 

 

 

 

 そこから稜線伝いに、三峰山、上富良野岳を縦走。

 

 ここも高山植物に、遠くまで見渡せる景色に飽くことなく楽しませてくれる。

 

 

 「今しました」みたいなホカホカの熊のフンに遭遇し、大きな声でおしゃべりしながら歩く。

 

 

 

 

 上富良野岳から、下山予定だったけど、その隣の上ホロカメットク山まで縦走することに。

 

 何度かすれ違い、挨拶を交わしていた方から、「上ホロカメットク山の先にある山小屋近くの花畑がいいよ〜!」と聞いたからだ。

 

 

 しかも、直線ルートもあるのに、わざわざ迂回ルートをチョイスする。

 

 

 下山するのがもったいない。少しでも長く歩いていたい。

 

 そう思うくらい、どこもかしこも素敵な景色だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6時に出発し、下山は17時。

 

 なんちゃって登山部失格だ。

 

 これは、本格登山だ。なんちゃってのキャパオーバー。

 

 

 

 

 

 

 きっと花畑マジックにかかってしまったんだな。

 

 

 あのちょっとした憂鬱は、何処へやら!

 

 サイコー!

 

 本当に登ってよかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々たび comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://jorablog.jugem.jp/trackback/369
<< NEW | TOP | OLD>>