日々のこと

革カバン・革小物をチクチク手縫いでつくってます
あちこち出展しています
お問い合わせはコチラまで→ jora.09@fgo.jp
行事ごと






この2月3月、行事ごとも、慎ましやかに行いました。


今年のサクラは、いつ咲くかな〜。
















 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
神楽坂てくてく






先日東京に出たついで、神楽坂へ。



 オリンピック競技場で話題の建築家、隈健吾氏が設計した赤城神社、なんともキュートな象の滑り台があるあかぎ児童遊園、新潮社の書庫をリノベーションしたセレクトショップのla kagu,かつての花街風情が残る石畳の小路、ここでしか食べられない不二家のペコちゃん焼き。


 なんとペコちゃん焼き、70数個に1個ポコちゃんが入っている。
 そのポコちゃんが、私たちの元にやってきた!
 もってる〜!



久し振りの街歩きに、ウキウキし、歩き廻りました。



昼は、前菜からメインまでフルーツを使ったイタリアン。
夜は、ずっと行ってみたかった「俺のフレンチ」へ。



あ〜、身も心もしっかり蓄えました!









  



















 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
ありがとうございました。
今年も、あちこち行きました。
たくさんの笑顔と出会いました。




  いくつかの会場に足を運んで下さった方、一年心待ちにしていてくださった方、「こんな遠くまで!」サプライズで遊びに来てくれる友人、お世話になっているショップの皆様、素敵な会場作りに奮闘して下さる主催者、スタッフの皆様、アドバイスから笑いまでくれる作家仲間。





皆様のお陰で、充実した楽しい一年を過ごすことができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。





どうぞ、素敵な年越しをお迎えくださいね。


来年、皆様にお会いできる日を楽しみにしています。











 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
那須岳登山





 秋田、青森の2週末の出展を終え、数日かけ津軽半島や男鹿半島ドライブ、奥入瀬渓流ウォーク、、山形で父方のお墓参りをし、鶴岡市の別称クラゲ水族館こと加茂水族館へ行き、東北旅を堪能。
 


 そろそろ帰りましょうか?
 と、思いつつ、頭の片隅でひらめきが!



 天気予報をチェックすると、明日は晴れるよう。
 よし、なんちゃって登山部始動!
 

 山形から車を走らせ、那須岳山麓で一夜を明かすことに。


 その山麓から見た満天の星。
 ミルキーウェイも見える降ってきそうなほどの星空を、久し振りに仰ぎ、しばらく放心。









 昔は、ロープウェイに乗る登山はしたことがなく、1合目から登っていた。
 でも、今はなんちゃって登山部。
 何の躊躇もなく、始発のロープウェイに乗り、山頂駅までアップ。



 そこから、那須岳の中枢を成す日本百名山のひとつ1915mの茶臼岳まで、1時間ほどの登山。












 茶臼岳は、火山で木々が生えていないため、常に見晴らしサイコー。
 頂上からのパノラマビューも、絶景!
 
 お鉢巡りをして、今度は茶臼岳の裏を回るように歩く。








 そこには、福島まで続く深山が太古の姿のままあった。
 あらためて、私たちはこんなにも自然豊かな国に住んでいるんだと思った。
 美しく、ぞくぞく鳥肌が立つような光景は、逞しさ、儚さ、恐ろしさ、すべてを内包していた。


 何日も縦走しないと見られないような光景に、こんなお手軽登山で出会えるとは!


 






 この後、お隣の朝日岳、往復2〜3時間の登山。
 元気が残っていたら、行こうと言っていた。
 

 数日前に、奥入瀬渓流全長14kmを歩いてきたので、足慣らしが出来ていたのと、様々な景色で飽きることなく歩ける楽しさから、ふたりともノリノリ♪
 「行こう!行こう!」



 とは言っても、ここからは鎖をつたって登るような岩場もある難所。

 真っ赤な顔して降りてくる登山者に、びびりながらも、無事登頂!
 単調な登山道より、かえってあっという間に感じる往復路。










 

 帰りは、ロープウェイは使わず、下山。

 全6時間ほどの山行でしたが、どの道も景色も花も空も、全部が楽しかった!
 
 また、登りたい!


 帰りは、大好きな鹿の湯で汗を流し、帰路につきました。











 
 








 
 
 
 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
サクラサクラ






3月下旬、あちこちでサクラの開花宣言がなされ、あっという間に散っちゃうかしら・・・と思っていたら、その後寒い日が続き、長い間、サクラを楽しめました♪







去年に続き、今年もフジザクラに雪が・・・





なかなか春らしい気候になりませんが・・・






春の贈りものが、いろいろ届きました。












 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
築地散歩






築地、本当は先月行く予定だった。
北海道から友人が遊びに来る予定で、築地に行こうと計画していたけれど、北海道で猛吹雪が続き、飛行機が飛ばず・・・



そのときから、気分はずっと築地だった。




東京に行く予定があり、いつもより早く出て、まずは築地へ向かう。
明け方到着した頃にはもう、トラック・自動車‣人が賑やかに行き交い、活気に満ちていた。



アジアみたい!と思った。
タイ・インド・ネパール・台湾・韓国、どこに行っても、街中がこんな活気で満ち溢れている。
それが、こんな銀座の近くで感じられるとは!
もちろん、日本もアジアだ。



でも、普段着飾られたものばかりみていると、ついつい忘れてしまう。
スーパーで、パック詰めされたものを食べていると、すべてのものが沢山の人々の営みの上に成り立っているという当たり前のことを、忘れてしまう。


それを、あらためて思い返す良い機会でした。



みんなどっこい生きている。
誰もがいろんな想いを抱えながら、どっこい生きているんだと思った。


















 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
山登り






例年なら、バリバリ出展シーズンの10月。

それは、山のシーズンでもある。



今年は、少し余裕のある出展スケジュールを組んだので、この日を楽しみにしていた。
そう、起きてカーテンを開けると富士山がきれいに見えた好日。
「そうだ、山に行こう!」




山ガールなんて、素敵な言葉が生まれるう〜んと前、私たちは山オンナだった。
あちこち登った。



でも、革をチクチクするようになってから、とんと行かなくなった。


出展で行った東北で、白神山地や奥入瀬渓流を歩いたりはしたけれど、ちゃんとした山登りは、全然行っていない。


なので、久しぶりの山登り。
まずは、足慣らし。
近くの山中湖周辺、1413m石割山と隣りの1318m平尾山へ。



石割山は、中腹に石割神社があり、最初登山口から数百の石段が続く。
その石段が、久し振りの私たちには応えた、応えた。
早くもバテた。足がガクガク。


あらっ、私たち無理かしら・・・。
途中、けっこうな休憩をはさみながら、お昼前、石割山の頂上到着。


そこは、かなり開けた気持ちのいいピークで、何より富士山の見晴らしがサイコー!


のんびりご飯食べて、珈琲淹れて、至福のひとときでした。






下山後は、近くの温泉「石割の湯」で汗を流し、いったん帰宅して近くの焼き鳥屋さんで一杯。
プハー!
「こりゃ、たまらんですな!」


来年は、もう少し登りたいな・・・




















 
日々のこと comments(0) trackbacks(0)
サクラサク
 



今年は、暖かい3月で、東京などでは、

3月いっぱいのお花見シーズンでしたが、

私たちの住む地は、例年とほぼ同じく4月初旬から中旬まで、

桜を楽しむことができました。


梅とソメイヨシノが、ほぼ同時に満開を迎え、

その後、可憐な富士桜や八重桜が順々に楽しませてくれました。


今年も、サクラアリガトウー!











日々のこと comments(0) trackbacks(0)
ありがとうございました。
 


「感謝があればいつも気分がよい、

気分がよければ私にはいつでもお祭りである」

(苦悶の漂白俳人、種田山頭火の晩年の日記より)




本当に感謝の一年でした。

お客様、イベント主催者・スタッフの皆様、

企画展・委託等お世話になったお店の方々、

出展仲間、友達、家族、

たくさんの素敵なご縁に支えられ、

楽しく充実した一年を過ごすことができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。


来年も、よろしくお願いいたします。











那須での、「ヒネモスチクチク ジョラ」は、1月14日まで開催中です!


1月出展始め

1月20日(日)  
手創り市
           東京都豊島区雑司が谷  鬼子母神


1月の出展は、手創り市のみです。

2月1〜3日は、小田原で3回目を迎える「春へおでかけ展」です。

詳細は、1月中にアップいたします。




それでは、皆様も、素敵な年末年始をお過ごしくださいね!

















日々のこと comments(0) trackbacks(0)
行く年・来る年
 


今年も一年、無事楽しくあちこち出展してきました。


田んぼに水がはられた春先、サクラや桃、菜の花が景色に彩りを添え、

ツバメが嬉しそうに飛び廻る。

田植えが始まったかと思うと、ぐんぐん稲が伸び、

稲穂が頭を垂れる頃、白い蕎麦の花の絨毯が広がる。

金木犀の香りにウキウキしているのも束の間、

稲穂は黄金色に輝き、畦道いっぱいに彼岸花が咲き乱れる。

稲刈りが終わったかと思うと、木々は紅葉し始め、

柿の実だけ残した木が、さらに山里風景に情緒を添える。



10月、三度目のお伊勢参りの際、伊勢神宮外宮にあるせんぐう館で、

五穀豊穣を祝う新嘗祭のビデオを見た。

この一年、田んぼの様子をよく見ていたこともあり、

新嘗祭の映像が、心に沁み、涙が流れるほど感動しました。

お米大好き、大切に噛みしめて味わおうって思いました!



ありきたりな表現しか見つからないけれど、

本当に、日本の四季は美しいなぁと思う。

しみじみ思う。

年とったのかな・・・

すべての移ろいが、一瞬の姿かたちが、愛おしい。

こんな思いが増していくのなら、

年を重ねていくことも、とても楽しいことだと思う。






そんな移ろいゆく様子を間近で見、肌で感じ、旬を味わい、

各地で出展できること、幸せだな。

止められないと思う。



来年も、あちこち走り回りたいと思います。



















日々のこと comments(0) trackbacks(0)
| 1/9 | >>